近隣住民付き合いのストレスとその解消法

トップページ > 人間関係がストレスに・・・ストレスになる人間関係とは > 近隣住民付き合いのストレスとその解消法

ご近所さんとの人間関係のストレス

ご近所トラブルという言葉があるように、近隣住民との付き合いは意外とストレスが生まれやすいもの。
何か問題が起きたとしても、ほとんどの場合はすぐに引っ越すというワケにはいきませんよね。だからこそ「嫌だな」と感じることがあっても我慢してしまって、ストレスがどんどん溜まってしまうのです。
ご近所さん関係で発生するストレスの原因として、代表的なものはこちら。

・ゴミ捨てなどのルール違反
・共有スペースでのマナー違反
・騒音や異臭
・陰口や噂話
・過剰なおせっかい

例えば今現在独身であれば、そもそもご近所さんとの付き合いがないという人も多いと思いますが、結婚して専業主婦となった人となると身に覚えがあったりするのではないでしょうか。
ママ友グループがある、なんて場合は、特に後者にいくほど顕著に表れやすいストレス要因だと言えます。

ご近所さんとの人間関係のストレス解消法

近すぎず、遠すぎず!
最低限の挨拶をしっかりと行うこと、ちょっとした世間話に応じることは大切です。ご近所付き合いを一切しない、あからさまに関わらない、というのは悪い印象を持たれてしまい、近隣住民との関係を悪くしてしまいます。
かと言って、赤裸々にプライベートな話をしたり、何でもかんでも顔を突っ込んだりと、極端に深入りしすぎてしまうのもトラブルを招く種。
ご近所付き合いは適度な距離を保つように心掛けましょう。

ルール違反やマナー違反をしない
地域で決められている取り決めや当番などは、しっかり守りましょう。
共同生活で順守すべきマナーをキッチリ守るだけでも、無用なトラブルが発生することがなくなります。
地域の当番でよくあるものとして地区清掃などがありますが、面倒だからと断ってばかりではなく参加する努力も必要です。
もちろん、どうしても参加できない場合にはしっかりと理由を述べて断っても大丈夫。家族に代理を頼んだり、気の合うご近所さんに当番順を変わってもらうという手もあります。

陰口や噂話には乗らない
誰かを槍玉に挙げるような陰口や噂話には参加しないようにしましょう。便乗して話に乗ってしまうと別のところで自分が標的にされてしまったり、気まずい関係になってしまう場合があります。
当たり障りのない応対で適当に頷いたり相槌を打つ程度に留め、決して自分から誰かの悪口を言わないようにしてください。
別の話題に持っていこうとしても中々難しいので、出来れば早々にその場を立ち去ってしまうことをオススメします。