人間関係のストレスに共通するものとは

トップページ > 人間関係がストレスに・・・ストレスになる人間関係とは > 人間関係のストレスに共通するものとは

人間関係にストレスを感じる人に共通するパターン

人間関係の悩みは年齢や場所を問わずに生じるもの。様々な環境や関係性が原因となって表れますが、全てにおいて共通する点もあります。
すなわち、人間関係においてストレスを溜めやすい人には共通する思考パターンがあるということです。

・他人にどう見られているのか、思われているのかが気になる
・周囲に気を遣いすぎて自分自身の主張ができない
・他人の言動の裏を深読みして決めつけてしまう

以上の事柄に思い当たる節がある人は、人間関係を築く上でストレスを抱えてしまいやすいと言えるでしょう。
他人を気にしすぎて自分の本音が言えなかったり、やりたいことができなかったりと我慢することが多い人は、人間関係に疲れやすい共通点があるのです。
他にもストレスを溜めやすいタイプはありますが、人付き合いがストレスだと感じる人は考え方を少しだけ変えてみませんか?

共通する人間関係ストレスの解消方法

誰からも好かれようとしない
皆に好かれたい!誰もが少なからず思うことですよね。しかし、誰かから嫌われることを恐れるあまり周囲の顔色を窺ってばかりでいると自分の意見を口にすることができなくなり、常に感情を抑えることになってしまいます。更には主体性がない人、都合がいい人という認識を持たれてしまう可能性も。
だからこそ「嫌われても別にいいか」と思考を転換できるようにしましょう。そもそも「誰からも好かれる人が嫌い」という人も世の中には存在するのです。ちょっとだけ勇気を出して、自分の意見はしっかりと告げて我慢することなく過ごせるようにしてみましょう。

自分と人とは違うことを意識する
誰かの言葉や態度が引っかかった時「嫌われているのかな」「嫌な気持ちでいるに違いない」と考え、萎縮してしまうことはありませんか?人の気持ちを考えて行動することは大切ですが、極端に裏を読む癖がついてしまっているとストレスを溜める原因となります。嫌われていると思い込んでいたけど相手からすれば全然そんなことはない、ということも実際に多いものです。
また、人に対してイライラした時「なんでこの人はこうなんだろう」「どうしてそんな言い方をするんだろう」と感じることもあるのではないでしょうか。これは無意識に「自分の考えが当然で相手もこう思っているはずだ」と考えてしまっているから。
価値観や考え方、経験から得る感慨など、それこそ千差万別です。自分と人は違うのだと思い直すと、どうして?と思い悩むことが少なくなっていくでしょう。