人間関係がストレスに・・・ストレスになる人間関係とは

トップページ > 人間関係がストレスに・・・ストレスになる人間関係とは

人間関係によるストレスは誰にでも起きる

ストレス社会と呼ばれる昨今。老若男女問わず、誰しもが何かしらの悩みやストレスを抱えているのではないでしょうか。
恋愛の悩み、進学・就職に関する苦悩、仕事に行き詰まっている、待遇面に不満がある、老後の生活が不安…などなど、人生において不安や悩みは数えきれないくらいあるものです。
中でも、人が感じるストレスの大半は人間関係によるものであると言われています。

人と人との諍いは大小に関わらず、どこに行っても見られるものです。

幼稚園や保育園といった幼少期はまだまだ感情をコントロールすることができないため、お互いが泣きわめくようなケンカが勃発することが少なくありません。

小学校、中学校、高校といった学校生活での人間関係トラブルといえばイジメがあります。イジメを苦にした自殺、イジメの報復で起きる事件など、ニュースでも度々目にしますよね。
他にも体罰問題、教師間の嫌がらせなど、学校生活においてのトラブルは生徒同士だけに留まりません。

社会に出てからも、職場での人間関係のストレスに悩んでいる人は非常に多いです。上司や先輩との折り合いが悪い、同期と馴染めない、後輩が鼻につく、お局からの嫌がらせを受けている…など、大人になってからでも人間関係のトラブルは無くならないのです。

ご近所さんや家族も対象

ご近所トラブル親族とのトラブルも耳にする機会は多いものです。
本来であればリラックスできる空間であるはずの我が家の周りで人間関係が破たんしてしまうことにより、生活がし辛くなってしまう。
たまには甘えて頼ることも許される間柄であり、何よりの味方であるはずの家族や親戚との不仲など、どちらも精神的苦痛は計り知れないもの。

「ちょっとご近所さんとうまくいってないだけでしょ?」「言っても家族とのケンカでしょ?」などと、決して甘く見てはいけません。
例え発端が些細なものでも、ちょっとした諍いをキッカケにして重大な事件に発展する場合も少なくないのです。

生活環境が常にストレスに晒されている状況というのは、言葉で表すことができないほどの苦痛をもたらすものです。
食事をするにも、お風呂に入るにも気を遣い、家にいるだけなのに常に緊張していなければならないなんて、想像しただけでも地獄ではないでしょうか。
さらに、学校や職場でもストレスに苛まれているのだとしたら、本当に心から休まれる場所がどこにもない状態になってしまうでしょう。

ご近所問題や家族間のトラブルは、当事者がどこかで「仕方がない」と諦めてしまいがちです。ですが、無理に我慢を続ける必要はありません。上手にストレスを発散しながら、状況の好転を図りましょう。

SNS疲れも人間関係のストレス

挙げた人間関係において起きやすいストレスの主な原因については、各ページを設けてご紹介しています。しかし、この限られた関係性の中だけでも、発生するストレスはご紹介している原因だけに留まらず他の要因である場合も少なくないでしょう。 もちろん、ストレスを呼び込んでしまう人間関係は上記に限らず、多岐に渡ります。
だからこそ、人間関係を難しいと感じる人にとって、何よりも心の負担が大きいのは人付き合いなのです。

最近ではTwitterやInstagramといった、ネット上で人間関係を築き上げるような関係性も主流となってきています。
SNSはひとりひとりの更新が早く、その数が多いのも特徴的です。そのため、見逃さないようにと常にチェックしていないと落ち着かない、という人もいるのではないでしょうか。

SNS上の付き合いは、肉体的には1人でいるのに常に人間関係を意識している状態になっていることも少なくありません。
家にいる時間、通学や通勤の時間、ともすると誰かと実際に遊んでいる時すらも、携帯電話やスマートフォンから目が離せなくなってしまうなんてことも往々にしてあるもの。

「話に乗り遅れて孤立してしまうのが怖い」「反応しないと嫌な顔をされそうだ」そんな心理に追い立てられて、純粋にコミュニケーションを楽しめずに苦痛を覚える人も多いでしょう。
SNS疲れもまた、人間関係のストレスによって引き起こされる状況なのです。