キラーストレスの解消に効果的な「マインドフルネス」とは

トップページ > 死に至るストレス「キラーストレス」とは > キラーストレスの解消に効果的な「マインドフルネス」とは

今を生きる、マインドフルネスという考え方

キラーストレスは、放っておくとどんどん体をむしばんでいき、大きな病気へと発展しかねません。
そうならないためにはストレスを解消する必要があります。

ストレスを解消するためには、十分な睡眠やカラオケ、運動などはもちろん効果的です。
しかし、キラーストレスという大きな敵に対抗するためには不十分なこともあります。
そこでご紹介したいのが「マインドフルネス」です。

マインドフルネスとは、簡単に言うと「今を生きることに集中する」という考え方です。
人間は、過去や未来に目を向けて不安を抱いてしまうという特徴があります。
今という瞬間だけに目を向けてそれに集中することで、余計な思考を取り除くのです。

マインドフルネス瞑想でストレスを大幅軽減

マインドフルネスの考え方を瞑想に取り入れることによって、より効果的にストレスを解消できます。
「ありのままの自分を受け入れる」というのがポイント。
この瞑想により、ストレスによって縮小すると言われる海馬が増えたり、ストレスホルモンであるコルチゾールの分泌を抑えたりする効果が期待できます。

ここでは、マインドフルネス瞑想の代表的なやり方をご紹介します。
ただし、うつ病などで通院中の方は担当の医師と相談の上、実施するようにしてください。

1. 背筋を伸ばして座り、目を閉じる
2. 呼吸と体に意識を向け続ける(頭からつま先まで全身に注意を払い、五感を感じる)
3. 雑念を感じたら、心で「戻ります」を唱えて意識を今に戻す
4. 自分の身体の外にも注意を向けて、周りの空間全体を感じ取る
5. ゆっくりと目を開けて、瞑想を終了する
※毎日10分ほど実施し、慣れてきたら時間を増やしましょう

マインドフルネスを実践すれば、幸福感や創造力、集中力などが増し、自分をコントロールできるようになると言われています。
今を生きることに集中し、キラーストレスを解消していきましょう。