心の疲れを癒す方法

「発散」よりも「癒す」ことに注目

やけ食いやカラオケ、友達とのおしゃべりなど、ストレスを「発散」させるストレス解消法はあなたもよく実践されているかもしれません。
しかし、その効果は一時的だったり、たくさん食べたことへの罪悪感だったり、緊張を感じてまたストレスを生み出してしまったりすることにもなります。

ここでは、疲れた心を「癒す」という点に注目していきましょう。
心を癒すことにより、ストレスを解消させるだけでなく、より高いパフォーマンスを発揮できる効果が期待できます。

心を癒す方法5選

①キャンドルの炎を見つめる
光療法(ライトセラピー)というものがあるほど、心を癒すのには効果的です。
自然界には不規則に揺らいでいるものがあり、それを「1/fゆらぎ(エフぶんのいちゆらぎ)」と呼びます。
例えば、心拍の間隔や目の動き、電車の揺れ、ろうそくの炎がそれに当てはまります。
1/fゆらぎには精神を穏やかにする効果があるので、疲れたときはキャンドルの炎をしばらく見つめましょう。

②クラッシック音楽鑑賞
特にモーツァルトの曲は、交感神経優位(興奮状態)から副交感神経優位(リラックス状態)に変化させてくれます。

③瞑想する
一日数分間の瞑想でも十分に効果があります。
難しく考えずに、気軽な感じでやってみると良いでしょう。続けることが大切です。

④森林浴
ストレスホルモンが低下する上、NK細胞(※)が活性化します。
NK細胞を活性化させるためには、森林浴がオススメです。
森林浴は五感で自然を感じましょう。木々や足元を見る、川のせせらぎや鳥の声を聴く、葉っぱに触ってみるなどです。
木漏れ日や川のせせらぎも1/fゆらぎに当てはまります。
(※NK細胞:ナチュラルキラー細胞。体内に異常な細胞が入ってきたときに守ってくれる。)

⑤アロマセラピー
体の負担が少ない「自然治療」です。
医薬品と違って植物から抽出した成分を使っているので、子供からお年寄りまで楽しめるのがうれしいところ。

いかがでしたか?自分にピッタリな心の癒し方を知っておくことによって、様々なストレスに上手く対処できるようになります。
たまには自分の心を労わってあげてくださいね。そうすれば、より充実した生活が待っているでしょう。