ストレスチェックは義務化され始めている

トップページ > ストレスチェックであなたのストレス度を確認しよう > ストレスチェックは義務化され始めている

ストレスチェックの義務化とは

『ストレスチェック』という言葉を聞いたことがありますか?
当サイトにも掲載しているストレス度チェックや、簡単な自己診断系チェック
などは、試してみたことがある人も多いのではないでしょうか。こちらは個人で気軽に確認ができるもので、雑誌などでも目にする機会が多いストレスチェックですよね。

実は、平成27年12月より、事業場に対して『ストレスチェック』実施を義務化する制度が施行されました。
目的は、労働者本人がストレス状態を自覚できるように促し、高ストレス者と判定された人の勤務内容を考慮・改善することで働きやすい環境作りにつなげて、労働者のメンタルヘルスケアを図ることとされています。

近年、業務内容や職場環境に強いストレスを感じ、心身に不調をきたす労働者が増加傾向にあります。
ブラック企業やブラックバイトという言葉が頻繁に耳に届くようになりましたが、労働者にとって決して良いとは言えない職場環境が多いのが現実です。
だからこそ、事業者・労働者共にメンタルヘルスケアを積極的に行うように促すべく義務化されたと言えるでしょう。

具体的にストレスチェックってどんなもの?

ストレスチェックの概要
・常時使用する従業員数が50人以上の事業場で実施が義務化(50人未満は努力義務)
・医師や保健師などの専門家が実施者となり、労働者ひとりひとりのストレス状況を判断
・労働者はストレスチェックを受けても受けなくても構わない
・結果は労働者本人の同意がない限り事業者に提示されない
・結果は5年間保存される
・ストレスチェックや面接指導の結果から労働者が不利益を被る取り扱いは禁止
・実施頻度は年に1回以上

ストレスチェックの流れ
1.ストレスチェックを受ける
2.実施者が労働者ひとりひとりのストレス状況を判断
3.実施者から労働者本人に直接通知が届く
4.『高ストレス者』と判定された労働者は面接指導を推奨される(受けても受けなくても構わない)

そもそもメンタルヘルスって何?

メンタルヘルスとは、精神的な健康のことを指します。
メンタルヘルス不調の予防策には大きく3つの段階があるとされていますが、ストレスチェック制度はその内、第1段階である1次予防を主な目的として義務化されています。

メンタルヘルス不調の予防
・1次予防…メンタルヘルス不調を未然に防止する
・2次予防…メンタルヘルス不調になった人の早期発見
・3次予防…メンタルヘルス不調になった人の重症化の予防と再発の防止